毛沢東思想とは

毛沢東思想、また毛沢東型社会主義とは、チャイナ共産党初代主席毛沢東を中心とする中華人民共和国の共産主義者が創立した政治思想です。 毛沢東思想の内容は、時期によってかなり大きな変化がみられます。毛沢東思想が一般的なマルクス主義、マルクス・レーニン主義と区別して扱われる場合は、文化大革命期の毛沢東思想を指すことが多い。この時期の毛沢東思想の主要概念には、人民戦争理論、3つの世界論などがあります。1945年以降のチャイナ共産党規約では「マルクス・レーニン主義のチャイナにおける運用と発展」とされ、「マルクス・レーニン主義」などと並ぶ「行動指針」と位置づけられました。特に1950年代から1960年代の中ソ対立や文化大革命の時期に強調された。文革期チャイナ共産党特有の理論を、外国では広く毛沢東主義、マオイズム(英語: Maoism)と呼びました。その信奉者は毛沢東主義者およびマオイストと呼ばれました。しかしチャイナ国内では紅衛兵・造反派の一部を除いて、チャイナ共産党は文革期を含めて一貫して毛沢東思想であり、毛沢東主義と呼んだことはない。毛沢東思想は現在も党規約に定められ、4つの基本原則の1つになってはいるが、現実には『毛主席語録』と同様、すでに過去のものになっています。

 


日本ファシスト党 自警組織 Japan fascist party|さいたま根岸本部

天皇陛下を敬愛するファシストの政治結社です。漸進という慎重で確実な姿勢と同時に、時代の課題に即応した、 高い問題解決能力を備えた自由で公正な日本的政治システムの構築を目指します。絶対!持続的経済成長!反国際主義。デジタル化・効率化を進めます。モノづくり大国ニッポン!

0コメント

  • 1000 / 1000